部位別の神経痛【顔面】

部位別の神経痛【顔面】

部位別の神経痛【顔面】

頭に近い部位からいくと、神経痛があらわれる部位として【顔】もあります。
目の奥がじんじんと痛む、原因不明の歯の痛み、目の痛み、これらの症状が、顏の神経痛です。
顔面神経痛という病名は存在しないのですが、顏にも痛みがあらわれることがあることを知っておきましょう。

 

頭の神経痛のページでも触れましたが、「三叉神経」という神経が、顏の神経痛と関連しています。
三叉神経とは、その文字通り、神経が3方向に枝分かれしています。脳から額に、頬に、顎に、と3つの方向に延びています。
いずれかにトラブルが起きた場合に痛みが走り、それを三叉神経痛と言います。

 

顔の神経痛の特徴など

神経痛

三叉神経痛による顔の痛みについては、発作的に起こることが特徴です。しかも、激しい痛みが走ります。大体1回の発作で5秒程度の場合もありますし、2分以内でおさまることが多いです。
とくに女性に多いとされ、男性に比べると約2倍の罹患率となっています。

三叉神経痛の根本的な原因はいまだ不明ですが、三叉神経がまわりの血管を圧迫してしまうことが傷みの原因と考えられています。
顔面に痛みを生じる場合、なんでもない日常の習慣の中にも不快な痛みがあらわれます。
たとえば、洗顔や洗髪、歯磨き、食事をするだけでも痛みが走ります。
また、風や光などの刺激からも症状が出ることもあります。
このような外部刺激は自律神経に影響をもたらすことで、痛み物質が生成されることも、痛みに関連しています。
ちなみにヘルペスや眼精疲労から、こういった神経痛を引き起こすことがあります。

 

顔の神経痛の対処方法

神経痛

顔のマッサージなどでケアしても、神経痛の対処法にはなりません。
根本的にみて、三叉神経痛を考慮して治療することが必要になります。

基本的には血流が悪いことでも痛みが激しくなるので、血管を広げ血流をスムーズにすることで痛みから解放されていきます。このような対策によって、神経痛を和らげることができます。
しかし、痛みを繰り返し、症状からなかなか抜け出せない場合には、他の治療法も試してみるとよいでしょう。神経ブロック注射や薬物療法、手術療法、定位放射線治療(γ―ナイフ)などの治療法があります。
いずれにしても完治する病気ではないため、効果的な治療に合わせて生活習慣を見直すなど、痛みを和らげるためにうまく病気と向き合うことが大切になります。