部位別の神経痛【肩、首】

部位別の神経痛【肩、首】

部位別の神経痛【肩、首】

年齢を重ねると、神経痛をはじめ関節痛などの痛みを訴える方が増加します。
痛みがあらわれる部位は人によって異なりますが、中でも【肩、首】の不快な症状に悩んでいる人は多いようです。
慢性的に肩がこっている、首が痛いなどの症状はもしかすると、神経痛かもしれません。

 

具体的には頸椎の老化現象からくるもので、「※頸椎症性神経根症」と言います。(※けいついしょうせいしんけいこんしょう)
神経痛の原因はいくつかありますが、この頸椎症性神経根症の場合は、主に加齢が原因とされています。

 

加齢とともに、椎間板の弾力が失われることによって、椎骨同士がこすれ合い、変形するなどの異常から痛みが発生するメカニズムになっています。
首の骨が変形すると、脊髄から腕に向かって多方面に伸びている神経根が圧迫されることで、痛みやしびれの症状が伴います。

 

頭痛や顔の痛みではなく、主に首や肩に痛みがある方は、この頸椎症性神経根症に当てはまると言えます。
また、そこからさらにめまいや耳鳴り、目のかすみなどの症状が併発することもあります。
痛みの度合いについては個人差があるものの、激しい痛みが生じるケースもあり、場合によっては上肢の筋力低下などの障害が起こることもありえます。

肩や首の神経痛の対処法

神経痛

肩や首に神経痛の症状が出る頸椎症性神経根症はとても厄介な状態です。
基本的に自然治癒することはありません。悪化すると重要な機能が失われる恐れもあるため、早めの対処が肝心です。
初期症状であれば、軽いストレッチや温熱法などで痛みなどの症状を和らげることができます。これでも効き目がないときには、ネックカラーの装着や、神経根ブロック注射などの治療法もあります。
効果的な治療法を行っても治るまでに数ヶ月を要します。また、回復に向かっている最中に首を後ろにそらすなどのムリな姿勢をとってしまうと、また悪化する恐れがあるので注意が必要です。
医薬品を利用することもひとつの対処法ですが、長時間同じ姿勢でいないことや、軽いマッサージ、ストレッチなども取り入れていきましょう。

神経痛に効く!医薬品ランキング

神経痛

グルコンEX錠プラス(日本薬師堂)の特徴

日本薬師堂のグルコンEX錠プラスが堂々第1位!
痛みを抑える効能だけでなく、原因そのものに直接働きかける効果がある実力派の医薬品です。
四大成分が配合された第三種医薬品で、安全性も確保されています。
品質管理を徹底されているので安心して服用いただけます。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 初回定期お届けコース価格

神経痛

アクテージAN錠(武田薬品)の特徴

テレビCMでもおなじみ、アクテージAN錠をご紹介します。
こちらの医薬品は、ビタミンB1誘導体であるフルスチアミンという独自開発成分を配合しています。これが、痛みに働きかけるメカニズムになっています。
神経痛のみでなく、腰痛や関節痛にも効き目があります。

価格 5,299円
評価 評価4.5
備考 アマゾンを利用でり断然お買い得!

神経痛

コンドロビーEX(ゼリア新薬)の特徴

ゼリア新薬が販売を手掛けるコンドロビーEXは、神経痛の痛みに効き目のあるコンドロイチンをはじめ、ビタミンB群が配合されています。
たとえば新陳代謝を促すビタミンB1、さらに血液循環を良くするビタミンEも配合。

価格 3,700円
評価 評価4
備考 通常より35%OFF