部位別の神経痛【肩、首】

部位別の神経痛【肩、首】

部位別の神経痛【肩、首】

年齢を重ねると、神経痛をはじめ関節痛などの痛みを訴える方が増加します。
痛みがあらわれる部位は人によって異なりますが、中でも【肩、首】の不快な症状に悩んでいる人は多いようです。
慢性的に肩がこっている、首が痛いなどの症状はもしかすると、神経痛かもしれません。

 

具体的には頸椎の老化現象からくるもので、「※頸椎症性神経根症」と言います。(※けいついしょうせいしんけいこんしょう)
神経痛の原因はいくつかありますが、この頸椎症性神経根症の場合は、主に加齢が原因とされています。

 

加齢とともに、椎間板の弾力が失われることによって、椎骨同士がこすれ合い、変形するなどの異常から痛みが発生するメカニズムになっています。
首の骨が変形すると、脊髄から腕に向かって多方面に伸びている神経根が圧迫されることで、痛みやしびれの症状が伴います。

 

頭痛や顔の痛みではなく、主に首や肩に痛みがある方は、この頸椎症性神経根症に当てはまると言えます。
また、そこからさらにめまいや耳鳴り、目のかすみなどの症状が併発することもあります。
痛みの度合いについては個人差があるものの、激しい痛みが生じるケースもあり、場合によっては上肢の筋力低下などの障害が起こることもありえます。

肩や首の神経痛の対処法

神経痛

肩や首に神経痛の症状が出る頸椎症性神経根症はとても厄介な状態です。
基本的に自然治癒することはありません。悪化すると重要な機能が失われる恐れもあるため、早めの対処が肝心です。
初期症状であれば、軽いストレッチや温熱法などで痛みなどの症状を和らげることができます。これでも効き目がないときには、ネックカラーの装着や、神経根ブロック注射などの治療法もあります。
効果的な治療法を行っても治るまでに数ヶ月を要します。また、回復に向かっている最中に首を後ろにそらすなどのムリな姿勢をとってしまうと、また悪化する恐れがあるので注意が必要です。
医薬品を利用することもひとつの対処法ですが、長時間同じ姿勢でいないことや、軽いマッサージ、ストレッチなども取り入れていきましょう。