神経痛リスクを高める喫煙

神経痛リスクを高める喫煙

神経痛

タバコを吸う喫煙者は減っていると言いますが、喫煙者的にはなかなかやめられないものです。
タバコを吸うと気持ちがスーッとし、ストレスが和らぐ感覚がありますが、このような効果があるわけではありません。
喫煙は「百害あって一利なし」の言葉通り、さまざまな健康被害の起因になります。
そして、神経痛リスクを高める要因でもあります。

 

喫煙者と非喫煙者を比較したとき、喫煙者は1.2倍以上の確率で腰痛になりやすいと言われています。無論、タバコの消費量によっても違いがあり、1日のタバコを吸う量によっても差が出ます。

 

喫煙が神経痛を誘発するメカニズムとは?

 

タバコが神経痛を誘う!と言われても、あまりピンとこないと思います。
なぜ、神経痛の発症率を高めてしまうのか、そのメカニズムを調査しました。
知っている方も多いと思いますが、タバコを吸うと、血液循環が悪くなります。
もう少し詳しく説明すると、喫煙によって血管が収縮されるため、その中を通っている血液がスムーズに進まず、滞ってしますのです。
血液は体の各組織に必要な栄養素や酵素を運び、老廃物を回収し排出する役目を担っています。この活動が失われてしまい、末梢に酵素や栄養が届かず、筋肉が萎縮してしまいます。すると、疲労物質も蓄積され、神経痛は悪化の一途をたどります。

 

また、タバコに含まれている物質の「ニコチン」がキーワードになります。
ニコチンが、さまざまな健康被害に影響する物質です。
タバコを吸って取り込んだニコチンは椎間板の弾力を奪う作用があることが知られています。
椎間板はコラーゲンを主成分に成り立っている軟骨ですが、ここにニコチンが刺激しコラーゲンの生成を妨げ、さらにコラーゲンの材料になるビタミンCまで失わせます。つまり、ニコチンが健康的な椎間板の構成をあらゆる角度から妨害してしまうのです。

 

喫煙を続けているうちに、少々の衝撃や刺激でも椎間板は簡単に破損し、椎間板ヘルニアから神経痛を起こすことがあります。
このようなトラブルを回避するためには、やはり禁煙することがすすめられます。
禁煙外来もありますから、禁煙努力を行いつつ、減っていくコラーゲンやコンドロイチンなどの成分を補っていきましょう。
即効性のある医薬品でも、コンドロイチンなどを補う薬もありますから、試してみてはいかがでしょうか。