神経痛を和らげる運動法

神経痛を和らげる運動法

神経痛を和らげる運動法

神経痛は簡単に治る病気ではありません。きちんと症状に向きあい、緩和するようにケアを続けることが大切になります。
対処法はいくつかありますが、すすめられるのが生活習慣の改善です。
その中のひとつとして、「運動法」があります。

 

痛みがあるのに運動するのは逆に症状が悪化してしまうイメージがあるかもしれませんが、それは間違いで、適度な運動は神経痛対策として有効とされています。
時々痛む程度のうちから始めたり、薬などで回復したのちに運動を習慣にしていると再発防止にもなります。

 

神経痛を和ら得るための運動では、萎縮した筋肉を強化し柔軟性を高めることを意識してください。
過度な運動は必要ありません。むしろ、軽めの運動の方が傷みの緩和に効果的です。

 

神経痛の種類によっても適切な運動法は違いがあります。
三大神経痛のひとつ、坐骨神経痛の場合は腹筋や背筋、太もも・ふくらはぎの筋肉を使う運動が効果的です。つまりは、その神経が沿っている場所にある筋肉をほぐす運動で症状が緩和されていきます。
ストレッチやウォーキングなどの軽い運動で症状は和らいでいきます。

 

神経痛を和らげる運動法

 

先にストレッチをすることで筋肉がほぐれて神経痛を和らげます。
また、体に負担をかけない運動では、水泳や水中でのウォーキングがおすすめです。
水の中では抵抗力が低くなる分、低負担でしっかりと運動することができます。

 

こうして運動を行うことで適度な筋肉がつきます。これが、神経痛緩和の狙いです。
筋肉がほどよくつくことで正しい姿勢を保ちやすくなります。
逆に筋肉が減ってしまうと骨格の位置がずれやすくなり、骨が神経を圧迫して神経痛を引き起こします。
また、どうしても運動が苦手な人には、呼吸法がおすすめです。
正しい腹式呼吸を行うだけでも、筋肉の強化につながります。
習慣にすることが重要なので、できることから始めましょう。

 

運動法での注意点

神経痛の痛みやその他の症状がつらい場合は運動を控えるべきです。
もし、痛みやしびれなどの症状が出ているときはムリに体を動かさずに安静にしてください。それらの症状がないときに適度な運動をしましょう。
また、場合によっては運動を控えた方が良い場合もあるため、医師に相談してから運動を始めてください。