神経痛の予防法

神経痛の予防法

神経痛の予防法

人間の仕組み上、どうしても年齢を重ねると体にトラブルが出てくるものです。
神経痛も老化現象のひとつとされていますが、年齢を重ねても症状を遅らせたり、なるべく軽く済ませることができます。
つまり、日ごろの生活の中で神経痛の予防策を講じることで、神経痛を防げます。

 

神経痛の原因はさまざまなですが、原因不明の痛みも少なくありません。
生活の中で簡単に取り入れられる工夫次第で、痛みの状態を和らぐことができます。
もっとも、三大神経痛の坐骨神経痛の原因は主に腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が関連しています。これを防ぐためには、体のバランスを保つストレッチや柔軟性を良くすることで防ぐことができます。
肋間神経痛の場合には、体のゆがみが影響しやすいため、正しい姿勢のキープや骨盤の矯正なども有効です。
万一、肋間神経痛が発症してしまったときには、くしゃみや咳などでも痛みが走ることがあるので、そういう生理現象もなるべくおだやかにできるように配慮してください。

 

神経痛の主な予防法では、生活習慣の送り方にポイントがあります。
ひと言で言うならば、規則正しい生活が重要です。
まず、食事では栄養バランスを考えましょう。とくにコラーゲンが減ることで神経痛や関節痛を起こしやすくなるため、コラーゲンの元になるアミノ酸やビタミンをしっかり摂取してください。
それから、適度な運動も習慣にしておくと、筋力がついて神経痛を防ぐことにつながります。
このように、食生活と運動が基本的な予防策になります。