神経痛と気圧の関係

神経痛と気圧の関係

神経痛と気圧の関係

よく何らかのケガをおったとき、雨が降っている日や天気の悪い日に痛みがひどくなるという話をよく聞きます。
それと同じで、神経痛の場合も、雨天日などは痛みが増しやすいそうです。
具体的には、「気圧」との関連が指摘されています。
この件について研究は進められているのですが未だ不明な点もあります。しかしながら、動物実験などにより、痛みが増すメカニズムが徐々に解明されていると言います。

 

「温度、気圧」の変化が副交感神経や交感神経に影響

気圧が低下したとき、人の体の中ではヒスタミンという物質の分泌が増加します。
このヒスタミンとは、血圧を急激に下げたり血管を拡張させる作用があります。さらに、炎症の発症や交感神経を刺激してしまいます。こうして交感神経に影響すると、関節や筋肉のまわりの血管が収縮し、神経が過敏になります。つまり、過敏になるため、いつも以上に痛みを感じてしまうのです。

温度や湿度との関係

温度が下がるとごく自然に血管は収縮してしまい、筋肉がこわばり神経痛にも影響を及ぼします。
湿度が上がったとき、発汗機能が低下して体内の水分代謝が悪くなります。結果、体はむくみ、血行も悪くなってしまいます。
すると、各神経に必要な酵素などが届かず疲労物質は溜まる一方で痛みが増します。
このような関係から、神経痛で病院を訪れる患者さんは、梅雨の時期に多いそうです。