更年期による神経痛

更年期による神経痛

更年期による神経痛

女性は閉経前になると更年期を迎えます。最近では若年性更年期と言い、若年層の方でも更年期の障害があらわれます。
更年期障害の症状はいくつもあり、火照り・発汗・のぼせ・イライラなどなど。個人差があり、更年期に見られる症状をまとめると200以上とまで言われています。
これらに並び、更年期になると、神経痛のリスクも高くなります。
いずれにしても、ホルモンバランスの乱れからくる自律神経の影響です。
一般的な更年期の時期的に見ても、年齢からして神経痛が起こりそうになります。

 

更年期障害からくる神経痛に関しては、ホルモンバランスを整えることがポイントになります。
たとえば、婦人科でホルモン剤による治療法もあります。これを行うとホルモンバランスが整い、神経痛だけでなく、その他の更年期障害の症状を和らげることができます。

 

また、ホルモンバランスを整える方法は、薬物療法以外にもあります。
たとえば、入浴やストレス解消など、リラックスすることも大切です。これらの行動によって更年期障害からくる症状を和らげることができます。