ビタミンEコハク酸エステルカルシウム

ビタミンEコハク酸エステルカルシウム

ビタミンEコハク酸エステルカルシウム

さまざまな製薬会社から神経痛に効く医薬品が販売されていますが、その中に配合されている主な成分のひとつが、【ビタミンEコハク酸エステルカルシウム】です。

 

このビタミンEコハク酸エステルカルシウムには、毛細血管を拡張し血流を促進させる働きがあります。血流が良くなることで栄養や酵素が体全身をめぐっていきます。
つまりは、血流改善に必要な成分ということです。
血流が悪いことからくるトラブルに対し、ビタミンEコハク酸エステルカルシウムは力を発揮します。

 

そもそも神経痛は血液の流れが悪くなった場合に痛みが出やすくなります。ですから、ビタミンEコハク酸エステルカルシウムを補うことで、神経痛の症状が和らぐ仕組みとなっています。

 

血液循環を良くする作用があることから、神経痛以外にも効能があります。
たとえば、肩こりや腰痛、手足のしびれなどにも効き目があります。
反対に、ビタミンEコハク酸エステルカルシウムが欠乏すると、これらの症状が出やすくなります。