ビタミンB6塩酸塩

ビタミンB6塩酸塩

ビタミンB6塩酸塩

神経痛に有効な成分として、ビタミン類が有名です。
医薬品にも使われていますが、【ビタミンB6塩酸塩】というものがあります。

 

ビタミンB6塩酸塩とは、タンパク質や脂質の代謝に必要な成分であり、神経の機能維持や髄鞘や神経伝達物質とも密接な関係があると言われています。健康維持にとってとても重要な存在です。
そして、神経痛に対しても効果があります。

 

ビタミンB6塩酸塩は新陳代謝をスムーズにする作用があるため、神経痛を和らげる効果につながります。
疲れ切った末梢神経の機能や細胞の働きを向上させるためにも役立ちますし、神経の修復にも関わっています。
このような働きから、つらい神経痛の症状の緩和をサポートすることにつながるため、医薬品にも使われています。

 

また、ビタミンB6塩酸塩が欠乏したとき、神経痛以外にも何らかのトラブルを招きます。
たとえば、肌荒れやニキビ、口内炎、筋肉痛や関節痛とも関わってきます。