ビタミンB1

ビタミンB1

ビタミンB1

基本栄養素でもビタミンは、神経痛に欠かせません。
中でもビタミンB群が重要とされていて、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムに並び、【ビタミンB1】は神経痛に効く医薬品にもよく使われています。

 

ビタミンB1は私たちの体に欠かせない栄養素ですが、神経組織にも関わっています。
神経組織を正常に働かせるために重要なビタミンです。
中枢神経や末梢神経は、膿によって働きがコントロールされているのですが、このとき脳内では大量にエネルギーを要します。このエネルギーの元になるのがブドウ糖で、それを代謝するためにビタミンB1が必要になります。

 

ところが、現代人は栄養不足が指摘されています。ビタミンB1不足の人は少なくありません。
もしもビタミンB1が不足してしまうと、エネルギーの補給に影響を及ぼします。
結果、脳は中枢神経や末梢神経の働きをコントロールできなくなり、神経痛などの症状を起こしてしまいます。
他にも、神経軸の細胞膜にとっても重要なビタミンで、脳の神経伝達物質を正常に保つためにも重要です。
簡単に言うと、ビタミンB1不足は神経痛のみならず、さまざまな健康被害を招いてしまうのです。

 

幸いながら、ビタミンB1は食事から摂ることができる栄養素です。
豚肉や穀物、大豆類などに多く含まれているので、これらの食品を適度に食生活に加えていきましょう。
ただし、ビタミンB1は水溶性であるため、たとえば豚肉を鍋にすると、鍋の汁にビタミンB1が流れ出ます。スープも飲むようにするとよいでしょう。
また、糖の代謝を促す働きがあるので、糖を摂り過ぎるとビタミンB1が必要以上に消費されてしまうので気を付けてください。