コンドロイチン硫酸エステルナトリウム

コンドロイチン硫酸エステルナトリウム

コンドロイチン硫酸エステルナトリウム

軟骨成分で神経痛や関節痛に良い成分として有名なコンドロイチンの正式名称は「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」と言います。

 

これはムコ糖の一種であり、もともと体内に備わっている成分なので安心してください。
関節を構成する骨の表面にある軟骨は、骨と骨の衝撃を吸収するためのクッションの役割があります。そこに含まれているのが、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムです。
また、新しい軟骨生成を促す作用も持ち、弾力性や保水性にも欠かせません。
つまり、健康な軟骨、骨の維持に重要な役割を持つ成分です。

 

医薬品などでコンドロイチン硫酸エステルナトリウムを摂取するメリット

コンドロイチン硫酸エステルナトリウム

もともと体内ではコンドロイチン硫酸エステルナトリウムが作られます。
ただ、合成量は年齢とともに減っていきます。20代頃までは十分に体内で合成されますが、それが減っていき、さらに合成材料が不足することで、神経痛の元になってしまいます。

そのままでは軟骨のクッションの役割が失われて弾力性や保水力も低下し、骨格がずれて痛みが発生します。
痛みを根本的に改善していくためにも、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムは必要不可欠な成分です。