神経痛リスクを高める飲酒

神経痛リスクを高める飲酒

神経痛リスクを高める飲酒

タバコと同じように、飲酒、アルコールは神経痛リスクを高めてしまいます。
お酒は百薬の長とも言われますが、その反面「万病のもと」にもなります。
飲酒量が多いほど、それは体に良い結果を招くことはありえません。反対に健康被害をもたらすダメな飲み方です。
肝臓などに負担をかけるだけでなく、飲酒が神経痛を誘発することがあります。
実際に神経痛で診察を受け、「お酒を控えるように」と医師から指摘される方も少なくありません。
神経痛に悩んでいる方で、お酒を飲むとなんとなく痛みが和らぐような気がする方もいるようですが、それは一時的に血行が良くなることが作用しています。

 

飲酒が神経痛リスクを高めるメカニズム

お酒を飲むと血流が良くなり、血液循環が神経痛を誘発することから逆に対処法として飲酒してしまう方もいらっしゃいますが、過度な飲酒は神経痛を誘発します。
お酒を飲み過ぎると、二日酔いの症状が出ますよね。動悸や頭痛などの症状が出ますが、これはアセトアルデヒドという成分が関連しています。これが筋肉や関節まわりの細胞に浸透し、神経が刺激されて痛みが発生します。
お酒を飲み続けていると、そのうち「アルコール性筋炎」や「アルコール性神経炎」を発症することもあります。
アルコール性筋炎は筋肉痛や脱力感、麻痺などの症状があらわれ、アルコール性神経炎になると手足の痺れや痛みに加え感覚異常などの症状が出ます。
また、お酒を飲むことでタバコを吸ったときと同様に体内のビタミンを消費してしまい、不足状態になります。これも、末梢神経に支障をきたす要因のひとつです。
とくに、治療中で何らかの薬を服用している場合には飲酒は基本的にNG行為です。

神経痛に効く!医薬品ランキング

神経痛

グルコンEX錠プラス(日本薬師堂)の特徴

日本薬師堂のグルコンEX錠プラスが堂々第1位!
痛みを抑える効能だけでなく、原因そのものに直接働きかける効果がある実力派の医薬品です。
四大成分が配合された第三種医薬品で、安全性も確保されています。
品質管理を徹底されているので安心して服用いただけます。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 初回定期お届けコース価格

神経痛

アクテージAN錠(武田薬品)の特徴

テレビCMでもおなじみ、アクテージAN錠をご紹介します。
こちらの医薬品は、ビタミンB1誘導体であるフルスチアミンという独自開発成分を配合しています。これが、痛みに働きかけるメカニズムになっています。
神経痛のみでなく、腰痛や関節痛にも効き目があります。

価格 5,299円
評価 評価4.5
備考 アマゾンを利用でり断然お買い得!

神経痛

コンドロビーEX(ゼリア新薬)の特徴

ゼリア新薬が販売を手掛けるコンドロビーEXは、神経痛の痛みに効き目のあるコンドロイチンをはじめ、ビタミンB群が配合されています。
たとえば新陳代謝を促すビタミンB1、さらに血液循環を良くするビタミンEも配合。

価格 3,700円
評価 評価4
備考 通常より35%OFF