神経痛リスクを高める喫煙

神経痛リスクを高める喫煙

神経痛

タバコを吸う喫煙者は減っていると言いますが、喫煙者的にはなかなかやめられないものです。
タバコを吸うと気持ちがスーッとし、ストレスが和らぐ感覚がありますが、このような効果があるわけではありません。
喫煙は「百害あって一利なし」の言葉通り、さまざまな健康被害の起因になります。
そして、神経痛リスクを高める要因でもあります。

 

喫煙者と非喫煙者を比較したとき、喫煙者は1.2倍以上の確率で腰痛になりやすいと言われています。無論、タバコの消費量によっても違いがあり、1日のタバコを吸う量によっても差が出ます。

 

喫煙が神経痛を誘発するメカニズムとは?

 

タバコが神経痛を誘う!と言われても、あまりピンとこないと思います。
なぜ、神経痛の発症率を高めてしまうのか、そのメカニズムを調査しました。
知っている方も多いと思いますが、タバコを吸うと、血液循環が悪くなります。
もう少し詳しく説明すると、喫煙によって血管が収縮されるため、その中を通っている血液がスムーズに進まず、滞ってしますのです。
血液は体の各組織に必要な栄養素や酵素を運び、老廃物を回収し排出する役目を担っています。この活動が失われてしまい、末梢に酵素や栄養が届かず、筋肉が萎縮してしまいます。すると、疲労物質も蓄積され、神経痛は悪化の一途をたどります。

 

また、タバコに含まれている物質の「ニコチン」がキーワードになります。
ニコチンが、さまざまな健康被害に影響する物質です。
タバコを吸って取り込んだニコチンは椎間板の弾力を奪う作用があることが知られています。
椎間板はコラーゲンを主成分に成り立っている軟骨ですが、ここにニコチンが刺激しコラーゲンの生成を妨げ、さらにコラーゲンの材料になるビタミンCまで失わせます。つまり、ニコチンが健康的な椎間板の構成をあらゆる角度から妨害してしまうのです。

 

喫煙を続けているうちに、少々の衝撃や刺激でも椎間板は簡単に破損し、椎間板ヘルニアから神経痛を起こすことがあります。
このようなトラブルを回避するためには、やはり禁煙することがすすめられます。
禁煙外来もありますから、禁煙努力を行いつつ、減っていくコラーゲンやコンドロイチンなどの成分を補っていきましょう。
即効性のある医薬品でも、コンドロイチンなどを補う薬もありますから、試してみてはいかがでしょうか。

神経痛に効く!医薬品ランキング

神経痛

グルコンEX錠プラス(日本薬師堂)の特徴

日本薬師堂のグルコンEX錠プラスが堂々第1位!
痛みを抑える効能だけでなく、原因そのものに直接働きかける効果がある実力派の医薬品です。
四大成分が配合された第三種医薬品で、安全性も確保されています。
品質管理を徹底されているので安心して服用いただけます。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 初回定期お届けコース価格

神経痛

アクテージAN錠(武田薬品)の特徴

テレビCMでもおなじみ、アクテージAN錠をご紹介します。
こちらの医薬品は、ビタミンB1誘導体であるフルスチアミンという独自開発成分を配合しています。これが、痛みに働きかけるメカニズムになっています。
神経痛のみでなく、腰痛や関節痛にも効き目があります。

価格 5,299円
評価 評価4.5
備考 アマゾンを利用でり断然お買い得!

神経痛

コンドロビーEX(ゼリア新薬)の特徴

ゼリア新薬が販売を手掛けるコンドロビーEXは、神経痛の痛みに効き目のあるコンドロイチンをはじめ、ビタミンB群が配合されています。
たとえば新陳代謝を促すビタミンB1、さらに血液循環を良くするビタミンEも配合。

価格 3,700円
評価 評価4
備考 通常より35%OFF